« 2015年11月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年1月 9日 (土)

セッション7  【 六地蔵 】

「六地蔵」とは地蔵菩薩が六道(地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人・天)を
救済することにちなみ、六体の像を造立したのだそうです。
平安時代の末ごろにはその信仰が普及していたと言われます。

さて、宮津の六地蔵はオーソドックスなお姿のものから
個性的な彩色のものまで、多様です。

PhotoNO26-3

如願寺の六地蔵です。バックの緑が映えます。
すがすがしい境内です。

次は、波路(はじ)の戒岩寺です。

6NO.203

3

まん中の方はこんなお顔。

Photo_2

次は宮村です。

Photo_3NO.198

青、赤、黄色と鮮やかです。

2

続いては山中地区で。

Photo_4NO.209
くっきりと赤の光背が描かれています。
黒の衣はモダンですね。

2_2

足元の中央に
小さな小さなおだんごが描かれています。

こちらは滝馬にて。

Photo_16NO.157

緑、赤、青、黄色のバック。

02

施主さんの名前が描かれています。

こちらは、本妙寺の入り口のお地蔵です。

Photo_6NO.139-1

小さな2体の地蔵の前立ちとして六地蔵が。
お茶碗の大きさと比べてみてください。

次は小田地区で。
Photo_15

年月を感じます。


次は、ちょっぴりこわいようなお地蔵さま。

Photo_7NO.08

文殊、智恩寺の境内です。黒髪の女の方のように見えます。
衣がカラフルですね。
02_2


さて、トリを飾ってもらうのは
滝馬にあるみごとなお堂。

6_2NO.158

六地蔵のお堂に仏様の壁画があります。

0732


0741

名人の筆の遊びといったおもむきです。

そして、お地蔵さまの下には
それぞれ昔話が!! 
いくつ、わかりますか。

Photo_8

Photo_9


Photo_11


079


Photo_13


Photo_14

まいりました。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年8月 »