« 2016地蔵盆 小景 | トップページ | 2017地蔵盆小景 その1 »

2017年2月14日 (火)

2016夏 ビフォーアフター

2016年の地蔵盆で

化粧直しされたお地蔵さまをご紹介します。

お直し前、あとの順です。

○魚屋町 清輝楼さん横で

Ara02_2


Ara01_2


--------------------------------------------------

○鶴賀で

Ara04_2


Ara03


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

○鶴賀で

Ara08


Ara07



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

○市役所 向かって右横

Ara10


Ara09



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

○惣で

Ara12


Ara11



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

○魚屋町で 

Ara14


Ara13



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

○魚屋町で
Ara18


Ara17

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

○白柏で。
Sono02


Sono01



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
○宮町で

Sono06


Sono05



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
○住吉で。

Sono14


Sono13



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

○宮町で

Sono17


Sono18_2

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

○本町で 仏性寺さん近く

Sono16


Sono15

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *





Sono12


Sono11

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *







« 2016地蔵盆 小景 | トップページ | 2017地蔵盆小景 その1 »

地蔵盆」カテゴリの記事

コメント

以前丹後半島にに数回行かさせて頂いたおり、当地蔵尊を拝見し興味を持っておりました。私の住む地域には浦島太郎伝説があり、私が考えるに、浦島太郎は1人では無く、「浦しまこ」に関連する部族(数十人~数百人)だったのではと仮説をたてております。その部族がタタラの技術を持っているが為に朝廷から追われ、良質な砂鉄を求めて、御岳山を目指してこの地に来たのではないかと。
 たたら技術と言えば当然半島人(朝鮮半島)であり、この地蔵も朝鮮文化の名残りではないか(キョンシーに似ている)と考えさせていただいておりました。
話はもどりますが、距離的には直線距離で200km目視可能な限界点です。以前六甲山から御岳山を見た事があります。また、Googl Earth では御岳山山頂から若狭湾伊根近辺の海岸線も見えております。おそらくは見えても年に数回でしょうから、もし見えたという情報がありましたらお教えいただきたくおもいます。
 今、地方で話題になっている安曇族(松本平の昔の部族)も同じ目的経路で琵琶湖近辺を経由してきた部族ではないかと考えております。(安曇川(あどがわ)、筑摩明神(米原、鍋かぶり神事が有名)などの類似地名がある為です。朝鮮半島と類似する地名等がお近くにありましたら合わせてお伝えいただけると嬉しいです。
ではでは、長文になってしまい失礼いたしました。

大橋様 当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。浦島伝説は当地にもあります。また古墳が多く鉄やガラスも出土しています。御嶽のことはよくわかりませんが、天気がよく条件のいい日は、白山が見えるそうです。詳しくは別途、メールをいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016夏 ビフォーアフター:

« 2016地蔵盆 小景 | トップページ | 2017地蔵盆小景 その1 »